ケアマネの給料・平均年収について実態を調査【給与明細も大公開】

ケアマネの平均的な給与や年収が、いくらかはご存知ですか?

ケアマネージャー(介護支援専門員)と一括りにまとめても、年齢、経験年数、勤めている事業所や介護施設(運営している母体)、住んでる地域によってもお給料や年収は違ってきます。

「自分の貰っている給料は適性なのか?損してないか?」は、とてもとても気になるところ。

そこで、ケアマネの給料や年収事情について、実態を詳しく調査しました!

現役のケアマネの給与明細も掲載しているので、参考にしていただければ幸いです。
スポンサーリンク

ケアマネージャー(介護支援専門員)の給料・平均年収はいくら?

厚生労働省が発表した「平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、ケアマネージャーの平均給与額は常勤者「342,760円」、非常勤の者で「162,780円」となります。

平成27年度 平成26年度 推移
常勤
給与
342,760円 332,890円 9,870円増
非常勤
給与
162,780円 142,230円 20,550円増
常勤
年収
4,113,120円 3,994,680円 118,440円増
非常勤
年収
1,953,360円 1,706,760円 246,600円増

月給の者

常勤者のケアマネージャーの平均給料は「342,760円」で、平均年収に換算すると「4,113,120円」と、400万円を超えてきます。

月の平均給与額は
「基本給(月額)」「手当」「一時金(4月~9月に支給された金額の6分の1)」
を合算した金額で、H26年度からH27年度にかけて、収入は増加傾向にあることが窺えます。

平成27年度 平成26年度 推移
基本給 214,550円 211,610円 2,940円増

介護支援専門員(ケアマネージャー)の基本給はH27年度は214,550円と、H26年度と比較すると「2,940円」の増額と、こちらも緩やかな上昇傾向にあることが窺えます。

基本給や給与額などの上昇の要因は、事業所が「介護職員処遇改善加算」を取得しているかどうかです。

平成27年度 平成26年度 推移
平均時給 1,160円 1,140円 20円増
常勤者
給与平均
261,660円 254,980円 6,680円増
非常勤者
給与平均
122,170円 117,150円 5,020円増

時給の者

H27年度のケアマネージャーの平均時給は「1,160円」と、比較的高時給の職種になります。

ただ、パートタイマーや派遣社員などの非常勤で働くケアマネは少なく、フルタイムの常勤者として働く人が多い傾向にあります。

これは、非常勤のパートだと、単純に「給与面で損している」と感じる人が多い事や、事業所側からどんなに配慮していただいていても、対人間(介護高齢者)のお仕事なので、すんなり仕事が終わらなかったり、時間外の仕事が多くなってしまう日もあるからです。

なので、実際のところ「パートでは務まらない」と思う人も多く、非常勤者よりも常勤者の方が多いのです。

ですが、小さなお子さんがいるなど、短時間勤務を望むケアマネージャーが多数いるのは事実です。

「週3日勤務」「1日4時間程度OK」など、ママのニーズに答えるケアマネ求人も最近多いので、求人情報をしっかり見ておくと良いでしょう。

介護従事者の平均給与を、下位からランキング順に紹介します。

平成27年度 平成26年度 推移
調理員 254,910円 251,570円 3,340円増
介護職員 287,420円 274,250円 13,170円増
管理栄養士
栄養士
308,310円 300,450円 7,860円増
事務職員 311,820円 304,640円 7,180円増
生活相談員 321,490円 312,120円 9,370円増
ケアマネ 342,760円 332,890円 9,870円増
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
機能訓練指導員
348,900円 339,990円 8,910円増
看護職員 375,130円 368,180円 6,950円増

出典:平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

他の介護従事者と給料を比較してみると、ケアマネージャーは看護師を除けば、上から2番目。

介護職員の平均年収が約340万円に対し、ケアマネージャーの平均年収は約410万円(その差約70万円)と、介護従事者の中ではけっこうな高給取りになります。

手取りのお給料だと、「27万円」くらいは貰っている計算になります。

ただ、平均給与や平均年収というのは、冒頭でもお伝えした通り、勤めている事業者・介護施設、経験年数、年齢、住んでいる地域が都会なのか?田舎なのか?でも変わってきます。

特にケアマネは「経験がものを言う」職業なので、未経験のケアマネはもっと給料少ないですし、逆を言えば、経験年数が10年、15年を超える人はもっと年収が高い傾向にあるのです。

 

なので、平均というのはあくまで”平均”でしかありません。

 

常勤で500万以上稼いでいるケアマネさんも私の周りには普通にいますし、逆に年収200万円台のケアマネも沢山いるので、上記までに紹介した給料事情はあくまで参考程度に捉えておくと良いでしょう。

現役ケアマネージャーの給料・ボーナス
【給与明細を大公開】

介護療養型医療施設に勤める、現役のケアマネージャーの給与明細を公開します。

38歳男性で、勤続年数はちょうど3年。「ケアマネージャー兼介護福祉士」の施設ケアマネになります。

「月給」

基本給は「146,000円」で、手当を含む総支給額は「232,983円」になります。

「資格手当」と「職種手当」がありますが、資格手当は、「介護福祉士の資格手当20,000円」で、職種手当は、「ケアマネージャーにおける資格手当20,000円」になります。

「賞与(ボーナス)」

ボーナス(冬期)は、総支給額「234,000円」で、夏冬ボーナス合わせると、倍の「468,000円」となります。

年齢・性別 38歳 男性
保有資格 旧ホームヘルパー2級
介護福祉士
介護支援専門員
勤続年数 勤続3年
施設形態 介護療養型医療施設
月の給与 約233,000円
賞与
(夏冬合計)
約468,000円
年収 約330万円
~寄稿者コメント~

月のお給料と合算した年収は「330万円」ほど。

私の住んでいるのが九州地方で、都心部よりも給与水準が若干低いのと、こちらの施設に転職してまだ3年と勤続年数も短いので、給与は少なめです。

業務内容はケアマネージャーが主ですが、同僚(主に女性)の反感を買わないために、あえて職種は「介護福祉士」となっています。

全員が全員そうではありませんが、女性は得てして横一列を好まれる傾向にあるので、私だけ職種の欄が「ケアマネージャー」だと、周りから顰蹙(ひんしゅく)を受ける可能性があります。

実際、1人の女性職員が上記の理由で職場内でいじめ被害に遭い、離職しました。

そのような理由があり、職種は形だけ「介護福祉士」にしている状態です。

ケアマネの給料で家族は養えるのか?

福祉職員の中では、比較的年収が多いケアマネですが、給料に対して不満を抱えている人は少なくありません。

確かにケアマネの平均年収は「400万円」ほどになるので、平均的な幸せな家庭を築くことが可能です。

ですが、上記に紹介した実例を見ると、「年収330万円で月給23万円(手取り19万円)程度」なので、これが一家の大黒柱の給与と考えると、もの足りない点は否めません。。

もちろん年収330万円で、家族を養えない訳ではありませんが、「夫、妻、子どもの3人家族」など、お子さんがいる家庭は、できれば手取りで最低25万は欲しいのが本音じゃないでしょうか?

25万ほど手取りで貰えるようになれば、欲しいものも変えるようになってくるので、生活にも余裕が出てきます。

 

では、手取りで25万に達しない給料を、どのように補てんするのが良いのでしょうか?

 

収入を増やすには、

①「妻もしくは夫がその分を働いて稼ぐ」
もしくは
②「今より給料の高いところに転職して年収を上げる」

この2つがベスト。

 

節約して生活を切り詰める(支出を減らす)というのも、使えるお金を増やす一つの方法ですが、過度な節約は心を貧しくさせてしまうのであまりおすすめはできません。

それよりも現状を今一度見直し「今よりも給料UPできる事業所の求人はないか?」自ら動いて調べてみるべきです。

一言でケアマネとは言っても、勤める事業所や介護施設によって、受け取る給料の額面には大きな差があります。

また、介護支援専門員の手当1つで見ても「出る」「出ない」がありますし、同じような仕事をしているのに、

  • A事業所に勤めるケアマネは年収350万
  • B事業所に勤める居宅ケアマネは年収500万
  • C施設に勤める施設ケアマネは年収280万円

こういった賃金格差が現場では出ています。

年収300万円にも満たない年収200万円台のケアマネも多数いるので、給料に不満があるなら転職も視野に入れなければいけません。
6

ケアマネが給料を上げるには??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る